天使たちの西洋美術

美術、イタリア、読書を愛する西洋美術研究者SSの思ったこと

【旅】持ち物確認

旅の用意。

 

もしこれからスーツケースを買おうと思うなら、私は圧倒的に軽いのを選びます。

 

https://www.alitalia.com/ja_jp/fly-alitalia/baggage/hand-baggage.html

アリタリアのページです。

 

私の旅では、機内持ち込みに限っていますので、スーツケースの大きさや重量、液体の持ち込みかたなど確認してください。空港でカバンを開けることのないように。スムーズに通れるように注意。硬いスーツケースでなく、布製のボストンバッグだと車内で特に便利です。座席の下に入れられるので混んでいても邪魔になりません。

 

冬の旅と違って、暖かい時期の旅は荷物もずっと少なくて済みます。必要の無いものを極力避け、荷物は少なくしましょう。日本人だけの貸切バスと違って、現地の人にまみれて自分で荷物を運びながら移動するので、旅の間中ずっと楽です。

 

私のお勧め荷物は

1)できるだけ早く乾くアイロンの要らない衣類(当然下着も含め)

2)薬(解熱剤、風邪薬、胃腸薬、もちろん自分が普段必要とする薬)

3)交換の靴(絶対歩き易い、長く歩ける靴)

4)お土産などで荷物が増えた場合の折り畳める丈夫な鞄。

行きは荷物は預けません。乗り換えや鞄受け取り時間、ロストバゲージの心配もないので。でも帰国時は預けて問題ないから(大切なものは預けないのは当然)サイド鞄が活躍。鞄はスーツケースの上に乗せて運べる物がベスト。

 

当然カード、現金も必要です。(パスポートや旅券は言うまでもないよね。)多く持ち過ぎないけれどどこでもカードが使えるわけでは無いし、多少は必ずユーロにして持っていくこと。普段の財布ごと持って来て、必要の無いカードや保険証をなくした知り合いがいましたが、そういったことは絶対しないこと。ユーロの交換は、ちょこちょこチェックしてレートの良い時に変えておくと余裕です。最近は外国人観光客のおかげであちこちに外貨の交換所ができました。

 

👗エレガントな装いもできるようにしておくと旅の内容が広がります。オペラやナイトクラブ、王宮礼拝堂などでの観劇に。当然ドレスには靴やアクセサリー、バッグも必要です。高級品とかブランド品の必要は全くありませんが、きちんとした格好で揃えましょう。その時だけはお化粧も合わせましょう。普段と兼用にしようとするとめちゃくちゃになりますしみっともないから、一つだけ完全に別に考えましょう。うるさく言うのは向こうでの扱いが違うからです。せっかく美しい場所なのに、所構わずヨレヨレのTシャツやジーンズで来られたら来られる側だって不愉快です。綺麗な格好で行けば、尊重しているのが伝わり丁寧に扱われますが、ウォーキングシューズなんかで行くと最悪の場合は差別さます。

 

シルクの黒いワンピースはつぶしが効く

 

f:id:Angeli:20190308171631j:plain

今年持ってくワンピース

去年と違い、今年は北イタリアで標高のちょっと高い場所もあります。数年前に行ったボッビオの9月半ばはかなり寒かったので冬のジャケットを買いました。今年の旅のために考えている、ルッカでアリアを目の前で聴く企画も毎年夕方遅くからなので、今年は長袖のワンピースを用意しました。光沢のあるシルクなのでバッチリです。巨大真珠のネックレスは平凡なので、もっと個性的なものにするかもしれないけれど。

 

それでは旅支度も楽しんで❣️

 

 

西洋美術、イタリアの旅、読書が大好きな貴方へ、中世西洋美術研究者SSが思う事いろいろ